Web西国霊場三十三ヶ所巡り 25〜28

写真提供:補陀洛山満願寺 平幡良雄師
     
25御嶽山
清水寺

ご本尊
十一面千手観世音

日本三清水寺のひとつ、播州清水寺。法道上人の開創。大正6年再建された12間四面の大講堂に本尊十一面千手観世音が奉安されている。境内には根本中堂、おかげの井戸がある。




所在地:
兵庫県加東郡社町平木1194
26法華山
一乗寺

ご本尊
聖観世音

本堂は寛永5年(1628)の再建。舞台造りの外陣天井に打ち付けられた多数の納札は江戸時代のもの。境内には承安元年(271)建立の三重の塔がある。





所在地:
加西市坂本町821-17
27書写山
円教寺

ご本尊
六臀如意輪観世音

昭和8年再建された摩尼殿(観音堂)は壮大な舞台造り。開基の性空上人が岩上の桜の老木に生木のまま彫刻した如意輪観世音が本尊となっている。重文の大講堂他、食堂、常行堂がある。




所在地:
姫路市書写2968
28成相山
成相寺

ご本尊
聖観世音

日本三景のひとつ天の橋立を一望できる。昔、食糧に窮した修行僧が、観世音の腿肉を食べたが、その傷は元通り戻ったという言い伝えがある。また「撞かずの鐘」にも悲しい伝説がある。



所在地:
宮津市成相寺339