Web西国霊場三十三ヶ所巡り 5〜8

写真提供:補陀洛山満願寺 平幡良雄師
     
紫雲山
葛井寺

ご本尊
十一面千手千眼観世音

稽文会・稽首勲の父子によって刻まれた本尊は実際に千本の手があり、天平時代の乾漆造りで、国宝となっています。毎月18日に御開帳されます。





所在地:
藤井寺市藤井寺1-16-21
壺阪山
南法華寺

ご本尊
千手千眼観世音

沢市・お里の壺阪霊験記で知られる。ご本尊は八角殿に、礼堂、三重塔、印度招来の観音石像等があります。






所在地:
奈良県高市郡高取町壺阪3
東光山
龍蓋寺
通称:岡寺
ご本尊
千手千眼観世音

本尊は弘法大師が印度、中国、日本の三国の土で造られたという塑像です。胎内仏の半跏像は義渕僧正座像と共に国宝となっています。





所在地:
奈良県高市郡明日香村岡806
豊山
長谷寺

ご本尊
十一面観世音

本尊は左手に蓮華、右手に錫杖を持つ、約十メートルの巨像です。慶安二年(1650)徳川家光発願の舞台づくりの本堂、境内のボタンは有名です。百八間の登廊も美しい造りです。




所在地:
桜井市初瀬731-1